HAKUTOプロジェクトでの民間の月面探査

ispace-inc
掲載日:2017/09/25 再生回数:10,139
民生品を使うことでコストダウンしつつ、ミッションに適した最小限の機能を搭載する超小型・軽量ローバーを開発している。宇宙への打ち上げ費は重量に比例して上がり、軽量化が重要課題となっている。そこに、日本の得意とする小型化思想をふんだんに取り入れて開発したロボットがある。

このアイデア、
あなたはどう思った?

Pie Chart

お問い合わせ 動画を投稿する