歩行リハビリ支援ツールTree

リーフ株式会社
掲載日:2017/09/25 再生回数:2,919
Tree(ツリー)は脳血管障害の片麻痺、下肢の骨関節疾患、廃用症候群など、歩行練習を必要とする方のための歩行リハビリ支援ロボットです。
①映像と音声による楽しいフィードバック機能
②利用者の歩行レベルにあわせた練習の課題設定ができる機能
③利用者の歩行データが記録・管理できる機能
によりモチベーション高く練習することができます。国内外の病院・介護施設に導入されています。

【イノベーションポイント】
片手でハンドルを握るとロボットが動きだし、利用者はロボットからの掛け声、モニター上の足型など視覚情報をもとに歩行練習を行います。練習後、利用者は操作補助するセラピスト(理学療法士)とともに画面の歩行データ(数値)を確認することができます。技術中心ではなく医療リハビリ(利用者、セラピストなど)の現場ニーズをすいあげたデザイン思考の製品となっています。

このアイデア、
あなたはどう思った?

Pie Chart

お問い合わせ 動画を投稿する