世界初!振動を全方向へ分散する金属球状サスペンション

株式会社松田技術研究所
掲載日:2018/03/02 再生回数:4,655
精密機器輸送で主流とされている防振対策は、一般的にウレタンフォーム(発泡スチロール)ですが、この素材は衝撃吸収性・高周波振動の吸収性には優れているものの、加速度(G)吸収には十分に適応できていないという欠点があります。株式会社松田技術研究所の防振サスは、輸送時の振動や衝撃エネルギーを全方向へ分散させることで、加速度を吸収し大幅な防振を実現します。
精密機器輸送での物流ルートを想定すると、仮に工場からエアサス車を使用して輸送しても、お客様へ納品するまでの輸送状態や、モーダルシフトによる輸送での積み替え時、海外で生産した製品を国内へ運び込む時など、輸送時の破損原因は多種多様です。株式会社松田技術研究所の防振サスは、工場〜納品先までの一貫輸送、国内外輸送、通常の荷物との混載輸送など、あらゆる輸送形態のニーズに応えられる防振装置です。

このアイデア、
あなたはどう思った?

Pie Chart

お問い合わせ 動画を投稿する