健康障害を体感し、よりよい支援活動に「装着型関節拘縮シミュレーター」

株式会社井上製作所
掲載日:2018/03/02 再生回数:449
装着型関節拘縮体験シミュレーターを装着することによって、麻痺や関節拘縮等の健康障害がある人(対象者)が経験している様々な日常生活場面を体験することができます。健常者が実際に経験することで、自身の固定概念にとらわれず、対象者の生活と自身の生活での違いをイメージすることができるのです。これにより、対象者の移乗・移動、衣服の脱着、食事、排泄等の日常生活動作の支援方法を見出すことにつながります。健康障害を体感し、よりよい支援活動につなげることが可能となります。

このアイデア、
あなたはどう思った?

Pie Chart

お問い合わせ 動画を投稿する