デジタルシャーマン・プロジェクト

市原えつこ
掲載日:2019/01/15 再生回数:745
科学技術が発展した現代向けに、新しい弔いのかたちを提案する作品。家庭用ロボットに故人の顔を3Dプリントした仮面をつけ、故人の人格、口癖、しぐさが憑依したかのように身体的特徴を再現するモーションプログラムを開発した。

このプログラムは死後49日間だけロボットに出現し、擬似的に生前のようにやりとりできるが、49日めにはロボットが遺族にさよならを告げてプログラムは消滅する。このように、イタコのごとく故人が「憑依」したロボットと遺族が死後49日間を過ごせるように設計されている。

葬送の営みを通して日本人特有の生命や死の捉え方を探求するリサーチプロジェクトとして、実験を行なっている。

平成28年度 異能vation 破壊的な挑戦部門 最終選考通過者。

その他の動画

123

このアイデア、
あなたはどう思った?

Pie Chart

お問い合わせ 動画を投稿する