ソーラー発電用の金具製造・取付技術

株式会社サカタ製作所
掲載日:2017/09/25 再生回数:651
ソーラーパネル取付金具は、ハゼ式屋根用・重ね式屋根用・瓦棒葺屋根用・立平葺屋根用・嵌合式屋根用・陸屋根・地上設置など様々な種類があります。設置工法は3つあります。直付工法は、屋根にパネルを直接固定する工法です。軽量化と低コスト化、工期短縮が可能です。ラック工法はパネルと屋根の間にラックを入れて取付ける工法です。パネルをより多く設置したい場合におすすめです。直付傾斜工法は、少ない部材でパネルに傾斜をつけることができる工法で、角度、置き方を組み合わせた設置が可能です。

【イノベーションポイント】編集部担当:山岸
ソーラーパネルは太陽の当たるところならどこでも設置可能で、電気代も安くなり、補助金などの支援もしているので国や自治体から設置費用を支援してもらえることもあります。また地域への環境啓発としても効果的です。屋根のタイプの構造に応じて様々な設置工法が選べることから今後の太陽光発電分野においても新たな発展へと貢献できるのではないかと思います。

このアイデア、
あなたはどう思った?

Pie Chart

お問い合わせ 動画を投稿する